活動報告

2017.10.03

9月28日の本会議にて代表質問を行いました!

文化庁京都移転への取り組みについて 

[質問要旨]

文化庁本格移転に向け、費用の負担や職員の受け入れを含め、今後どのように京都市として課題に取り組んでいかれるか、お考えをお聞かせください。

[答弁要旨]

京都市も庁舎整備について府と同額を負担することとし、具体的な負担方法や整備内容について、検討整備を行っているところです。文化の力で日本を元気にする取組を展開していくため、京都の負った責任をしっかり果たしてまいります。

 宿泊税の導入について 

[質問要旨]

宿泊税については、市民の皆さんはもとより納税者である宿泊者、さらには特別徴収義務者となる宿泊事業者に、効果を実感いただけるよう、目に見える取り組みが必要と考えますが、市長の決意をお聞かせください。

[答弁要旨]

「住む人にも訪れる人にも京都の品格や魅力を実感できる取組の推進」、「入洛客の増加など、観光を取り巻く情勢の変化に対応する受入環境の整備」、「京都の魅力の国内外への情報発信の強化」の大きく三点、さらには観光や文化の担い手の育成など、その効果が実感できる施策に用いてまいります。

その他の質疑項目 

・違法民泊対策と民泊新法への対応

・世界文化自由都市宣言40周年

・京都議定書20周年記念 地球環境京都会議2017について

・保育の量と質について

・私道と地籍調査について(要望)

2017.02.18

中京区の保育所整備が進展へ(平成29年度予算案)

中京区東部に新規保育所2カ園 、分園と増築の継続それぞれ1カ園

[中京税務署旧庁舎跡地及びYMCA(三条柳馬場)]

かねてより委員会や本会議での代表質問で要望してきた堀川通以東に、新設保育園2カ園の開園に向けた予算が計上されました。旧中京税務署跡地には定員140名、柳馬場山上にあるYMCAの中には80名定員の保育所が予定されており、中京区東部の保育需要に対する供給が改善される見通しが立ちました。

[円町まぶね隣保円及び朱一保育園分園]

また、中京区の西部においても円町まぶね隣保園では定員20人増となる増改築、朱一保育園では20人分の分園が予算計上されました。

2016.10.30

9月29日の本会議にて代表質問を行いました!

自転車保険加入義務化へ!(政令市初の取り組み) 

[質問要旨]

自転車保険への加入義務化はなかなか実際の加入増加には繋がらず、苦悩している自治体もあると聞いております。京都市における自転車保険への加入義務化においては、様々な関係団体との協力も含め、実情に沿った画期的で実効性のある制度が必要だと考えますが、京都市としての考えをお聞かせください。

[答弁要旨]

自転車向け保険の加入義務化の方向性をとりまとめ、「京都市内では、保険に加入していない自転車は、走行できません!」という意気込みで、全国に類を見ない京都市ならではの実効性のある取組を進めることにより、「自転車と歩行者が安心して心地よく行き交うことができるまち・京都」を実現してまいります。

磁気誘導ループの積極的な広報普及を 

[質問要旨]

今後の京都市において、私が提案した内容(T付き耳マークの表示や補聴器販売会社との連携等)を含め、どのように磁気誘導ループの利用を図られるか、具体的な内容を含めてお答えください。

[答弁要旨]

磁気誘導ループについて説明したリーフレットを作成し、イベントでの配布や補聴器販売店等の協力を得て周知するほか、「T付き耳マーク」を表示し、施設での利用を図ってまいります。また、本市の主催する会議等では、率先して磁気誘導ループを活用してまいります。

京都市の磁気ループの貸し出しについては下記にてご覧いただけます。

www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000188574.html

その他の質疑項目 

・四条通歩道拡幅事業の総括及び今後の展開並びに新たな公共交通への取り組みについて

・市営地下鉄・バスにおける交通系ICカードの活用について

・三条通七本松から六軒町の歩道拡幅計画について

・中京区東部地域における保育園の新設について

2016.04.15

各区役所・支所への磁気ループの設置実現!

各区役所・支所への磁気ループの設置実現! 

磁気ループシステムは音声を電気信号としてTマークの付いた補聴器に送すことによって、通常の補聴器機能よりも目的とする音声をより正確に聞き取れるよう支援するシステムです。昨年6月10日に開催された教育福祉委員会での一般質問において、磁気ループの普及の必要性について発言しておりましたが、この度、京都市の各区役所及び支所のすべてに携帯型磁気ループが導入されることとなりました。この4月には、障害者差別解消法が施工されたこともあり、今後もより多くの皆様が利用しやすい京都市の施設の実現に向け取り組みを進めてまいります。

昨年の6月10日に開催された教育福祉委員会の内容については下記ページよりご覧いただけます。

katoh-masahiro.jp/report1/2015/07/4213/#more

京都市の磁気ループの貸し出しについては下記にてご覧いただけます。

www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000188574.html

事務所&連絡先

かとう昌洋事務所
〒604-8832
京都市中京区壬生下溝町17-23
TEL:075-315-6600
FAX:075-311-3639
MAIL:

 

ブログ内検索

Copyright (C) かとう昌洋(京都市議会議員中京選出)のオフィシャルホームページ All Rights Reserved.