上下水道局 | 議会発言記録

議会発言記録

上下水道局

2018.11.17

決算特別委員会ー総括質疑ー(10月17日)

 ◆委員(加藤昌洋) 

 それでは,早速質問させていただきます。昨日,今日といろんな議論ありましたけども,認識としては今後京都市も少子高齢化時代でなかなか人口は増えず,厳しい状況が数十年間は少なくとも続くだろうという認識が共通しているということで間違いないと思います。交通局の話になるんですが,管理の受委託の話が出ておりましたけども,管理の受委託ということで,バス事業自体は近年非常に好調な中ですが,不確定要素として受委託が人手不足の中で非常に費用として厳しい状況になってくるのではないかという中で,直営にしてしまえばいいのではないかという議論も出ておりましたが,今市バス事業は非常に好調で,今の状況なら直営にしてしまってもいいのではないかという意見もあると思うんですけども,私自身,長期的な視野で考えると,やはり固定的な費用はできるだけ事業においては抑えておく必要があると思いますし,そういった中で長期的な視野で考えると,今の割合を含めて受委託はしっかりと残したうえで,一時的には景気とかいろんな情勢の中で費用が膨らむときはあると思いますけども,長期的に見れば全直営でやるよりは費用は低いということでやっておられると思いますし,その状況を今後とも維持していただきたいという風に考えておりますけども,いかがお考えでしょうか。

2018.11.10

決算特別委員会ー上下水道局ー(10月10日)

 ◆委員(加藤昌洋) 

 昨日に引き続き,質問させていただきます。今日はちょっと大きなテーマでやりたいと思うんですけども,京都市でずっと近年言われ続けている水需要の減少ということで,長期的に見てこれが増加に転じることはなかなかないのかなという理解で,まず一番初めにその点をどうお考えなのか,お伺いしたいと思います。

2018.11.09

決算特別委員会ー上下水道局ー(10月9日)

 ◆委員(加藤昌洋) 

 私の方から,本日は琵琶湖疏水に関連する事業について2点ほど質問させていただきたいと思います。
 まず1点目,琵琶湖疏水の通船の復活事業についてですが,30年度の春から本格的に事業が開始されたということで,29年度はそれに向けたいろんな取組があったと思います。30年度に入って本格運航されて非常に好調で,今,秋の分の予約も行われておりますけれども,予約の状況を見ておりますと,ほとんど満席になっていて非常に好調ということで,かなり順調に事業が進んでいっているのではないかと思います。まず,今年度から始められて現在に至るまで,どういう風に感じておられるか,まず第1点,初めに聞きたいと思います。

2018.08.27

産業交通水道委員会(7月27日)

 ◆委員(加藤昌洋) 

 何点か確認させていただきたいと思います。まず,御報告にあったAの中,速やかに撤去,交換又は必要な補修を行うという中の,特に通学路に該当している箇所を事前にお聞きしていると,3箇所該当する箇所があったと思います。それぞれいつ頃までに撤去,改修を完了するのか。もう着手している所はあるのか,それぞれ状況をお聞かせ願いたいと思います。

2018.07.22

産業交通水道委員会(6月22日)

 ◆委員(加藤昌洋) 

 おはようございます。この度の地震では,大阪の北部を中心に色々と被害が出ている中で,大阪の方ではブロック塀が倒壊してお子さんが亡くなられるという非常に残念な事故があったというわけなんですけども,我々自民党京都市会議員団としても,京都市に対しまして緊急要請ということで,ブロック塀の点検を各局でしっかりとやっていただいて,必要な箇所については改修していただきたいという風な要請を出しているんですけども,まず初めに,もう作業に取り掛かられている状況ではあると思うんですが,京都市の上下水道局で把握されておられる,今調査の途中の状況でも構いませんので,ブロック塀等の状況についてお伺いしたいと思います。
ページの先頭へ